FXで利益を出しているのは少数派

sdf7sf78 FXで利益を出しているのは10人に1人のごく少数の人々と言われています。少数派と、その他大勢の人の違いはどこにあるのか?それを見極めていきたいと思います。

少数派は勝負どころで差を付ける!

FXで継続的に利益を出せるのは10人に1人です。つまり、10人中9人が利益を吐き出してそれを1人が集めています。10人に1人というと高い壁があるように思えますが、完全な素人でもFXに参入しているわけですから、それを含めると超えられないほど高い壁ではありません。

ただし、壁を乗り越えるためには、勝ち組の少数派と負け組の多数派の違いがどこにあるのか、明確に理解する必要があります。FX関連書籍でいくら下調べしたり、売買を繰り返しても、その違いを意識しなければ少数派の一員にはなれません。一口に違いといってもひとつではありません。

為替バカがその全てを把握しているわけでもないので、全部を説明することはできませんが、最初にひとつお教えします。売買のタイミングです。エントリーのタイミング、決済のタイミング、これが少数派と多数派ではっきりと違います。例えば、BOのハイローオーストラリアを間にはさむというやり方もあります。

単に多数派が買いのタイミングで少数派が売るとか、そういう逆張りをしているという意味ではありません。勝負どころが違います。多数派がエントリーするそのときに、少数派は決済で利益を確定させ、多数派が決済で損切りするときに、少数派はエントリーするのです!

多数派は少数派の手のひらの上?

売り注文のポイントについて言えば、少数派も多数派も変わりません。違うのは、多数派は損切りのための決済注文、少数派はエントリー注文、同じ注文でも多数派は損害を出し、少数派は利益を確保しています!

多数派がどのタイミングで仕掛けて、どのポイントで損切りするか、全てを見通しているかのように少数派は注文を仕掛けるわけです。つまり多数派の心理を理解するようになるのが、少数派に属する第一歩になります。他人の心理を理解するためには、まず自分を知ることです。自分の取引の際の心の動きを観察してみましょう!

為替トレード

金融商品として、ルールが簡単で、初心者にも覚えやすいものとしては、FXなどのような為替トレードや外貨預金などがあります。コツコツ少しからでも始めやすいものとして、外貨預金があります。

また、大きく稼ぎたいと思っている場合には通常のトレードがオススメとなっています。トレードを行う業者なども重要なものとなっており、通常の為替トレードを行うのであれば、スプレッドなどが重要となっており、外貨預金などをメインで行いたい場合にはスワップポイントが重要となります。